三菱自、独検察捜査に協力=排ガス不正疑惑

社会 経済・ビジネス

三菱自動車は22日、ドイツの検察当局が排ガス不正の疑いで同社の捜査に着手したことについて、「ドイツ国内の販売会社と研究開発拠点に検察当局が訪れたのは事実だ」とのコメントを発表した。ディーゼル車の一部で違法なエンジン制御ソフトを使用した疑いがあるとみられており、三菱自はドイツ当局の捜査に協力する方針。

関係者によると、捜査対象には岡崎製作所(愛知県岡崎市)で生産、輸出された車種が含まれる。家宅捜索を受けたのはフランクフルト近郊などの三菱自や取引先の施設だという。三菱自の広報は「詳細な情報を収集中」と話している。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 事件・犯罪 社会 環境・リサイクル ドイツ 日本