東京五輪中の終電、最大2時間延長=地方、パラ開閉会式も―組織委など

政治・外交

東京五輪・パラリンピック組織委員会と東京都は22日、五輪期間中に首都圏で繰り下げる鉄道の終電時刻を公表した。最大2時間程度遅らせる。サッカーが行われる札幌市と宮城、茨城両県の3会場でも深夜に臨時列車を運行する方向で検討している。

五輪では東京、神奈川、埼玉3都県の8会場で午後11時以降に競技が終わるため、首都圏では7月24日~8月9日の間、60路線で終電を繰り下げる。最も遅いのは8月4、7日の横浜市営地下鉄ブルーラインで、横浜駅を午前2時20分ごろ発車する。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 観光 観光政策 運輸政策 日本