満天の星、届けます=プラネタリウム輸出拡大―コニカミノルタ

経済・ビジネス

満天の星を届けます。精密機器大手のコニカミノルタは、半球形のスクリーンに星座などを映し出すプラネタリウム事業を強化する。昨年11月に買収したフランスの専業メーカー、RSAコスモスの拠点を足掛かりに、欧州・アジア市場への輸出を拡大。国内外合計で約30億円の売上高を、5年以内に2倍に引き上げたい考え。

直営館「コニカミノルタ プラネタリア TOKYO」(東京・有楽町)で上映中の作品の一つ「時を刻むこの星空」。夜空に最大13万個の星がきらめく中、人気バンド「ドリームズ・カム・トゥルー」の音楽を背景に、時間がゆっくり流れていく。約40年ぶりにプラネタリウムを観賞した練馬区在住の50代女性は「館内が広く、映像やシートがきれいで印象が大きく変わった」と語る。

コニカミノルタは、星空が美しく見える光学式投映機とスクリーンを製造し、日本国内に約360館あるプラネタリウム施設の半数近くに納入してきた。一方、RSAコスモスは、CG(コンピューターグラフィックス)を駆使し、さまざまな演出が可能なデジタル式投映機が得意。コニカミノルタは光学式とデジタル式を組み合わせ、より臨場感のある星空を提供する方針。

同社は、欧州では1973年にフィンランド、77年に英国、2000年にポルトガルにそれぞれ進出したが、いずれも投映機の販売にとどまっていた。海外では今後、日本国内と同様に、上映作品の製作や投映機の保守・点検を含め、プラネタリウム事業を総合的に展開する。

コニカミノルタのプラネタリウム直営館には、寝転んで観賞できる特別シートもある=16日、東京・有楽町の「コニカミノルタ プラネタリア TOKYO」コニカミノルタのプラネタリウム直営館には、寝転んで観賞できる特別シートもある=16日、東京・有楽町の「コニカミノルタ プラネタリア TOKYO」

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 経営一般 販売・価格改定・販促・見本市など 通商・貿易・対外投資 フィンランド フランス 日本 東京都