スズキ4.3万台リコール=原付きバイク、警音器に不具合

経済・ビジネス

スズキは23日、警音器が作動しない恐れがあるとして、原付きバイク「アドレス110」計4万3612台(2015年2月~19年11月製造)のリコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出た。

同省によると、警音器のメッキ処理が不適切で、水やほこりなどが内部に入った場合に作動しなくなる可能性がある。不具合は42件報告されている。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 情報開示 消費者対策 日本