4Kが初の5割超え=19年の薄型テレビ出荷シェア

経済・ビジネス

電子情報技術産業協会(JEITA)が23日発表した2019年の薄型テレビの国内出荷台数は前年比7.9%増の486万7000台だった。このうち高精細な4K(8K含む)対応の機種は29.6%増の257万8000台と全体の約53%(前年は約44%)を占め、初めて5割を突破した。

昨年のラグビーW杯や今夏の東京五輪・パラリンピックを高画質な4Kで楽しみたいという需要が高まったことが背景とみられる。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 経済調査・分析 販売・価格改定・販促・見本市など 日本 東京都