聖火台とトーチに水素燃料=浪江町製造も活用―東京五輪・パラ

スポーツ

2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は24日、聖火台と聖火リレートーチの燃料に大会史上初めて水素を活用すると発表した。水素はエネルギーとして使用する際に二酸化炭素を排出せず、環境などへの配慮が狙い。

大会スポンサーのJXTGエネルギーが水素を供給し、再生可能エネルギーによる世界最大級の水素製造施設が設置される福島県浪江町で製造される水素も活用する。

開閉会式で国立競技場内に設置する聖火台、競技期間中に東京臨海部の「夢の大橋」に置く第2聖火台とも、燃料に水素を使用。水素トーチは福島県、愛知県、東京都の一部のルートで使う。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース オリンピック一般もの スポーツ 日本 東北 福島県