ブルーインパルス、五輪描く=前回大会以来、聖火到着式に向け

社会

東京五輪開幕まで半年となった24日、航空自衛隊松島基地(宮城県)所属の曲技飛行チーム、ブルーインパルスが、上空に五輪マークを描いた。3月20日に同基地で開かれる聖火到着式での披露に向けた練習の一環。前回の東京五輪開会式以来、56年ぶりに日本の空に五輪マークが浮かんだ。

24日午前8時ごろ、ブルーインパルスのT4練習機が松島基地を離陸。基地上空で、5機が白色のスモークでそれぞれ輪を描き、五輪マークをつくった。聖火到着式本番では、1964年同様に5色のカラー五輪を披露する予定だ。

練習の様子を動画で撮影していた地元の航空ファンの男性は「40年くらいここでブルーインパルスを見ている。歴史的な瞬間を見られて感動した」と興奮した様子で話した。

ブルーインパルスが五輪で演技するのは今大会で3回目となる。98年の長野五輪開会式では、5機が水平に飛行し、一斉に扇状に広がる展示飛行を実施した。

航空自衛隊の曲技飛行チーム「ブルーインパルス」が松島基地上空に描いた五輪マーク=24日午前、宮城県東松島市航空自衛隊の曲技飛行チーム「ブルーインパルス」が松島基地上空に描いた五輪マーク=24日午前、宮城県東松島市

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 軍・自衛隊(社会面) 社会 日本 東北 宮城県