新型肺炎、国内3例目=武漢市の30代女性―厚労省

社会 暮らし

厚生労働省は25日、国内で3例目となる新型コロナウイルスによる肺炎患者が、東京都内で確認されたと発表した。発症したのは、中国・武漢市在住で旅行に来ていた30代女性。

同省によると、女性は今月18日に来日した際は無症状だったが、21日夜からせきと発熱の症状が出た。23日に都内の医療機関を受診し、新型肺炎と分かった。

女性は、中国での新型肺炎患者との接触は確認されず、多くの感染者が出たとされる武漢市内の海鮮市場には行っていないと話している。移動時はマスクを着用していたという。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 健康・医療 暮らし 社会 中国 日本