ロシア側に営業秘密提供か=ソフトバンク元社員、容疑で逮捕―警視庁

社会

在日ロシア通商代表部の職員に唆され、勤務先企業の営業秘密を不正に取得したとして、警視庁公安部は25日、不正競争防止法違反の疑いで通信大手ソフトバンク(東京)の元社員荒木豊容疑者(48)=千葉県浦安市=を逮捕した。同庁は外務省などを通じ、唆したとされる通商代表部所属のロシア人の男2人に出頭要請した。

公安部によると、荒木容疑者は容疑を認め、「唆されて営業秘密を渡した。小遣いが欲しかった」と供述しているという。

逮捕容疑は昨年2月18日、ソフトバンクのサーバーにアクセスし、自ら関わっていた同社の営業秘密2点を取得した疑い。

通商代表部の2人は情報機関員とみられ、1人は荒木容疑者を唆した疑いがある外交官。公安部は、もう1人についても関与したとみているが、2017年春ごろ帰国したという。

公安部は昨年12月、荒木容疑者の自宅や勤務先を家宅捜索。他にも営業秘密を漏えいしたとみて調べている。

荒木容疑者は事件発覚後に解雇された。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 事件・犯罪 社会 日本 ロシア