野党「桜見る会」で情報開示要求=自民、IR整備を推進

政治・外交

与野党幹部は26日のNHK番組で、首相主催「桜を見る会」問題やカジノを含む統合型リゾート(IR)に絡む汚職事件について議論した。立憲民主党の福山哲郎幹事長は「政策論議にふたをしている全責任は安倍晋三首相と与党にある。情報開示が全ての議論のスタートだ」と述べ、政府に説明責任を果たすよう要求。IR整備に関しては、福山氏らが白紙化を迫ったのに対し、自民党の稲田朋美幹事長代行は推進する考えを強調した。

桜を見る会について、福山氏は招待者名簿の電子データ消去時の端末記録や、東京都内のホテルで開かれた「前夜祭」の明細書を公開すべきだと主張。国民民主党の平野博文幹事長も「公文書を隠蔽(いんぺい)か改ざんしている」と非難した。

稲田氏は情報開示に応じるかには言及せず、「公文書管理の見直しが必要だ」と述べるにとどめた。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 政府・内閣 政党 日本