新型肺炎、4人目確認=中国武漢市から来日の男性―厚労省

社会 暮らし

新型コロナウイルスによる肺炎患者が相次いでいる問題で、厚生労働省は26日、中国・武漢市から来日していた40代男性の感染を確認したと発表した。日本国内での感染確認は4人目。男性は入院しているが、容体は安定しているという。

同省によると、男性は団体旅行で家族2人と22日に来日。23日に発熱し、24日夜に関節痛が生じたため宿泊先の愛知県で医療機関を受診した。肺炎の症状があったため入院し、26日午後に新型コロナウイルスの感染が確認された。

男性は来日後、家族を含む計28人で愛知県周辺をバスで観光していた。男性はツアー中、常にマスクを着用していたという。厚労省は、家族やツアー客、添乗員らについて、現時点で感染は確認されていないとしている。

男性は中国で肺炎患者と接触しておらず、感染源との関連が指摘される武漢市内の海鮮市場には行っていないと話している。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 健康・医療 暮らし 社会 中国 日本