iPS心筋移植を実施=重症心臓病患者に世界初―阪大

社会 暮らし

重症の心臓病患者にさまざまな細胞に変わる人工多能性幹細胞(iPS細胞)から作った心臓の細胞を移植する計画を進めている大阪大のチームは27日、患者に移植して安全性や効果を検証する医師主導治験を実施したと発表した。iPS細胞を使った心筋の移植は世界初。

阪大チームの澤芳樹教授(心臓血管外科)は会見で「助けられない命をたくさん見てきているので、(移植が)一人でも多くの人が助かる医療技術になってほしい」と話した。

移植を受けたのは、心臓の血管が動脈硬化などで詰まり、血液が十分に届かなくなる虚血性心筋症で心不全になった患者。今月手術が行われ、無事終わり、一般病棟に移った。治験は3年間で計10人を対象に実施する。

澤教授らは、健康な人の血液から作ったiPS細胞で直径4~5センチ、厚さ約0.1ミリの心筋細胞シートを作成し、患者の心臓に貼り付けた。シートは消失するが、細胞が出すたんぱく質によって心臓に新たな血管が生え、心機能が回復する効果が期待できるという。今後1年間かけて経過を観察する。

一方、移植する細胞は約1億個と多く、変化し切れないiPS細胞が混ざっていると腫瘍になる恐れがあると指摘されており、安全性を慎重に評価する。阪大チームはこれまで臨床研究を計画し、2018年に厚生労働省の部会で承認も得たが、同年発生の大阪北部地震で実施が遅れ、医療保険適用に向けて治験に切り替えた。今後、5年以内の早期実用化を目指す。iPS細胞を使った治験は国内で2例目となる。

iPS細胞から作った心臓の細胞を重症心筋症患者に移植し、記者会見する大阪大の澤芳樹教授(左)ら=27日午後、大阪府吹田市iPS細胞から作った心臓の細胞を重症心筋症患者に移植し、記者会見する大阪大の澤芳樹教授(左)ら=27日午後、大阪府吹田市

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 健康・医療 暮らし 社会 日本