小林シェフ、日本人初の三つ星=ミシュランガイド仏版

社会 暮らし

【パリ時事】フランスの飲食店格付け本「ミシュランガイド」の2020年仏版が27日、パリで発表され、長野県出身の小林圭さんがシェフを務めるパリ1区のレストラン「ケイ」が三つ星を獲得した。フランスで日本人シェフが三つ星を獲得するのは初めて。

また、北東部ランスにある田中一行さんのレストラン「ラシーヌ」が二つ星に昇格した。

AFP通信によると、小林さんは発表式典で「大変な驚きだ。ありがとうフランス」と喜びを語った。

小林さんは長野県と東京都で料理人として働き、1999年に渡仏。有名シェフのアラン・デュカス氏らの下で修業し、11年に「ケイ」をオープンした。翌12年、ミシュランの一つ星を獲得。17年に日本人で2例目の二つ星に昇格した。

「ミシュランガイド」フランス版で日本人初の三つ星を獲得したレストラン「ケイ」の小林圭シェフ=27日、パリ(EPA時事)「ミシュランガイド」フランス版で日本人初の三つ星を獲得したレストラン「ケイ」の小林圭シェフ=27日、パリ(EPA時事)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 食=美食・食の安全 暮らし 社会 フランス 日本 甲信越 長野県