賃上げ重視か意欲向上か=労使の温度差浮き彫り―20年春闘

経済・ビジネス 社会

経団連の中西宏明会長と連合の神津里季生会長は28日、東京都内で会談し、2020年春闘が始まった。中西氏は「働く人の生き方と企業の方向が合致して力を出していかないと、日本経済は活性化しない」と述べ、働く意欲を高める仕組みづくりなど労働環境の整備が必要だと指摘。これに対し、神津氏は「賃上げのうねりは社会全体のものになっていない」と格差是正に向けた賃金改善を求め、温度差が浮き彫りになった。

経団連は今春闘の経営側指針で、賃上げについては各企業の実情に基づく対応や、年齢・成果に応じた重点配分を提案。横並びをやめるべきだと強調している。中西氏は会談で「日本の(雇用の)仕組みはかなり見直さないと駄目だ」と述べ、終身雇用など日本型雇用制度の見直しをめぐる議論も呼び掛けた。

経団連の主張に対し、神津氏は「(正規・非正規労働者の処遇差など)20年間置き去りにされてきた課題の解決と整合しない恐れもある」と懸念。基本給を底上げする2%程度のベースアップや企業内最低賃金の引き上げなど、賃金改善を通じた格差是正を求めた。

会談では両氏とも、賃上げ継続が重要との認識では一致した。だが、神津氏は脱・横並びを掲げる経団連の姿勢について、「(各企業が)自分のところはやめておこうとなれば、かろうじて積み上げてきたことがご破算になる」と述べ、賃上げの勢いの失速につながりかねないと警戒感を示した。

同日は労使トップ会談に続き、経団連労使フォーラムも開催。自動車や電機など大手企業の労働組合は今後、経営側に要求書を提出し、3月中旬の集中回答日に向け攻防を繰り広げる。

春闘について経団連の中西宏明会長と会談する連合の神津里季生会長=28日午前、東京都千代田区春闘について経団連の中西宏明会長と会談する連合の神津里季生会長=28日午前、東京都千代田区

春闘について連合の神津里季生会長と会談する経団連の中西宏明会長=28日午前、東京都千代田区春闘について連合の神津里季生会長と会談する経団連の中西宏明会長=28日午前、東京都千代田区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 雇用・賃金・福利厚生 労働・雇用 社会 日本