新型肺炎、日本人の感染初確認=奈良の60代男性、武漢渡航歴なし―厚労省

社会 暮らし 政治・外交

新型コロナウイルスによる肺炎患者が相次いでいる問題で、厚生労働省は28日、新たに日本国内で2人の感染を確認したことを明らかにした。このうち1人は中国・武漢市に渡航歴がない奈良県在住の60代男性。新型肺炎の日本人の感染が確認されたのは初めて。国内での感染確認はこれで6人となった。

厚労省によると、この男性はバスの運転手で、武漢に渡航歴はない。今月8~11日と、12~16日の2回にわたり、武漢市からのツアー客を乗せて運転したという。14日にせきなどの症状が出て、17日に奈良県の医療機関を受診したが、肺炎と診断されなかった。22日にせきの症状が悪化し、関節痛も出たため25日に再度受診。検査の結果、新型肺炎と判明した。男性は同日に入院した。

また、武漢市在住の40代男性も検査の結果、新型肺炎と確認された。20日に来日し、23日から37.2度の発熱があった。26日に愛知県内の医療機関で肺炎と診断され、28日に入院した。

記者会見する厚生労働省結核感染症課の日下英司課長(左から2人目)ら=28日夜、東京・霞が関の同省記者会見する厚生労働省結核感染症課の日下英司課長(左から2人目)ら=28日夜、東京・霞が関の同省

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 健康・医療 暮らし 社会 (社会)保健衛生医療・社会保障行政 日本