武漢から206人帰国=せきや発熱、4人搬送―チャーター機内で検査・新型肺炎

社会 暮らし

新型コロナウイルスによる肺炎が流行する中国・武漢市在留の日本人206人が29日午前、日本政府のチャーター機で羽田空港に到着した。一般乗客らがいるターミナルなどを通らず、専用バスで空港内を移動。医師らによる検査を受けた。外務省によると、感染症関係での邦人退避の帰国支援は初めてという。

東京都によると、帰国者のうち体調不良を訴えた30~50代の男性3人と、50代女性の計4人が大田区の荏原病院に搬送された。関係者によると、1人は37.4度の発熱があり、1人にせきの症状が見られる。

政府がチャーターした全日空機は、日本時間29日未明に武漢空港に到着。帰国を希望した206人を乗せ、同日午前9時前に羽田に戻った。ウイルスの発生源とされる武漢市海鮮市場の近隣居住者ら感染リスクが高い人が含まれる。また、緊急援助物資としてマスク約1万5000枚と手袋5万組、防護メガネ8000個などを中国側に提供した。

チャーター機には医師や看護師ら医療チームが同乗し、機内で滞在期間や訪問先などの問診に加え、サーモグラフィーや体温計を使って発熱の有無など体調を確認。感染が疑われる症状があった場合、機内でも座席を他の乗客から離すなどして飛沫(ひまつ)感染を防止し、空港到着後はすぐに東京都内の感染症指定医療機関に搬送する態勢を取った。

中国・武漢市から邦人を乗せて帰国した政府のチャーター機=29日午前、東京・羽田空港(AFP時事)中国・武漢市から邦人を乗せて帰国した政府のチャーター機=29日午前、東京・羽田空港(AFP時事)

中国・武漢市から帰国した邦人を乗せ、羽田空港を出るバス=29日午前、東京都大田区中国・武漢市から帰国した邦人を乗せ、羽田空港を出るバス=29日午前、東京都大田区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 健康・医療 暮らし 社会 中国 日本 東京都