トヨタ41万台リコール=シートベルト警報装置に不具合

経済・ビジネス 社会

トヨタ自動車は29日、シートベルトを装着しているのに、していないことを示す警報ランプが消えない恐れがあるとして、普通乗用車「プリウス」など4車種計41万8929台(2014年10月~19年7月製造)のリコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出た。

国交省によると、運転席のシートベルトのバックル製造時の組み付けが不適切で、トラブルが起きる可能性がある。他の対象車は「プリウスPHV」「プリウスα」、ダイハツ工業から受託生産した「メビウス」。不具合は114件報告されているという。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 消費者対策 運輸・交通 社会 日本