公道カート、5000万円賠償命令=「マリカー」訴訟で任天堂勝訴―知財高裁

社会

任天堂の人気ゲーム「マリオカート」の略称や同社キャラクターの衣装を使った営業は不正競争行為だとして、任天堂が公道カートレンタル会社「マリカー」(現・MARIモビリティ開発)に損害賠償などを求めた訴訟の控訴審判決で、知財高裁(森義之裁判長)は29日、権利侵害を認め、MARI社側に一審判決の1000万円から増額した5000万円の賠償を命じた。

MARI社は外国人観光客を中心に、マリオなどの衣装を貸し、公道をカートで走行させる事業を展開。森裁判長は判決で「(ゲームやキャラクターは)著名で高い顧客誘引力があり、不正利用する意図があった」とし、同社と社長に連帯して支払いを命じた。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 裁判 社会 日本