LINE、過去最大の赤字468億円=スマホ決済投資膨らむ―19年12月期

経済・ビジネス

LINEが29日発表した2019年12月期連結決算は、純損益が468億円の赤字(前期は37億円の赤字)となった。2016年の上場以来、赤字額は過去最大。スマートフォン決済サービス「LINEペイ」の関連費用などが膨らみ、収益を圧迫した。

売上高は前期比9.8%増の2274億円と過去最大。12月末の国内利用者数は8300万人に拡大し、広告収入が約16%伸びた。スマホ決済は消費税増税に伴う「ポイント還元」を契機に利用が拡大。LINEペイの12月末の国内利用者数は370万人と9月末から3割増えた。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 決算・業績予想 日本