液晶大手JDI支援、1000億円に上積み=いちごアセットと最終調整

経済・ビジネス

経営再建中の中小型液晶大手ジャパンディスプレイ(JDI)への金融支援をめぐり、独立系投資顧問会社いちごアセットマネジメントが支援額を1000億円規模に上積みする方向で最終調整に入ったことが30日、明らかになった。JDIは資本増強により昨年9月末時点で1000億円超に膨らんだ債務超過の解消にめどをつけたい考えだ。

31日にもJDIの菊岡稔社長が記者会見して発表する。

JDIは昨年12月、いちごアセットから800億~900億円の金融支援を受けることで基本合意。今月末の契約締結に向け交渉した結果、いちご側が支援額を上積みした上で、まず約500億円の優先株を引き受ける見通しとなった。JDIは3月末までに資本増強の完了を目指す。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 資本金 資金運用・調達・新規上場 その他企業(事業継続BCP・リスク管理) 日本