上皇さま、一時意識失う=検査で異常なし―宮内庁

社会

宮内庁は30日、上皇さまが29日夕にお住まいの皇居・吹上仙洞御所で一時意識を失って倒れられたと発表した。30日午前に宮内庁病院で検査を受けた結果、異常は見つからず、経過観察を続けるという。

同庁によると、上皇さまは29日午後に外出から戻った後、しばらくして意識を失って倒れ、そばにいた上皇后さまが体を支えた。侍医が駆け付けた際にはいびきのような呼吸をしていたが、まもなく意識が戻ったため、夕食は取らずに就寝。30日午前に宮内庁病院で頭部の磁気共鳴画像装置(MRI)検査と専門医の診察を受けたが、今回の症状の原因となるような所見は見つからなかったという。

上皇さま上皇さま

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 皇室・王室 社会 日本