日産・ルノー3位後退、成長鈍化が鮮明=トヨタ、3年ぶり2位浮上―19年世界販売

経済・ビジネス

自動車大手の2019年の世界販売台数が30日、出そろった。日産自動車とフランスのルノー、三菱自動車の3社連合は合計で1015万台と、前年の2位から3位に後退。トヨタ自動車グループが3年ぶりに2位に浮上し、ドイツのフォルクスワーゲン(VW)は4年連続で首位を堅持した。VWやトヨタが過去最高を更新する一方、3社連合は前年の1075万台から大きく減少し、成長鈍化が鮮明になっている。

VWは欧州や南米で販売を伸ばし、前年比1.3%増の1097万台。トヨタ(ダイハツ工業と日野自動車含む)は1.4%増の1074万台だった。中国で高級車ブランド「レクサス」が伸び、欧州や国内もハイブリッド車が好調に推移した。

一方、日産は8.4%減の517万台と2年連続で減少し、6年ぶりの低水準にとどまった。前会長カルロス・ゴーン被告が主導した規模拡大路線を修正し、米国で値引き販売を縮小したことが響いた。米国の販売が1割近く落ち込み、中国など主要市場も軒並みマイナスとなった。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 販売・価格改定・販促・見本市など ドイツ フランス 日本