三菱自など4社7万台リコール=旧タイプのタカタ製エアバッグ

経済・ビジネス 社会 政治・外交

三菱自動車工業などメーカー4社は30日、搭載されている古いタイプのタカタ製エアバッグが正常に作動しない恐れがあるとして、計約7万台のリコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出た。

国交省によると、届け出は三菱自で「ミニカ」など15車種約4万6600台(1995年1月~99年9月製造)。三菱ふそう・トラックバスも「スーパーグレート」など2車種計382台(96年6月~2002年12月製造)を対象とした。

また、マツダは乗用車「ミレーニア」など2車種計1万3732台(96年4月~99年11月製造)を、スズキも乗用車「エスクード」など2車種計1万584台(97年10月~99年6月製造)をリコールの対象にすると明らかにした。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 消費者対策 運輸・交通 社会 運輸政策 オーストラリア 日本