日産ゴーン前会長に逮捕状=出入国管理法違反―レバノン逃亡協力3人も・東京地検

社会

日産自動車の前会長カルロス・ゴーン容疑者(65)が保釈中に無断出国し、中東レバノンに逃亡した事件で、東京地検は30日、出入国管理法違反容疑でゴーン容疑者の逮捕状を取った。地検は逃亡を手助けした同ほう助と犯人隠避容疑で外国籍3人の逮捕状も取得。警察庁を通じ、国際刑事警察機構(ICPO)に国際手配を要請するとみられる。

ゴーン容疑者の逮捕状によると、同容疑者は2019年12月29日午後11時ごろ、出国審査を受けないまま、関西空港からプライベートジェット(PJ)に搭乗、不法出国した疑い。

外国籍の3人は、いずれも米国籍を持つ職業不詳のマイケル・テイラー(59)、ジョージ・ザイエク(60)、ピーター・テイラー(26)の各容疑者。3人の容疑は、ゴーン容疑者が保釈中で海外渡航を禁止されていることを知りながら、不法出国の手助けなどをした疑い。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 事件・犯罪 社会 日本