トマムスキー場付近で雪崩=フランス人1人心肺停止―北海道

社会

30日午後3時25分ごろ、北海道占冠村にあるトマムスキー場付近で雪崩が発生し、スキーをしていたフランス人の男女8人が巻き込まれた。うち7人は自力で脱出したが、残る男性1人は心肺停止状態とみられ、道警などが救助を急いでいる。

道警によると、8人は男性6人、女性2人のグループ。スキー場のゲレンデから離れた山中で、コース外を滑るバックカントリースキーをしていたところ、雪崩に巻き込まれた。雪崩の規模は幅数メートル、長さ50メートルほどとみられる。

7人は自力で下山し、無事保護された。道警などは二次災害の恐れから、男性の同日中の救助を断念。31日朝から活動を再開する。

同スキー場の運営会社によると、周辺は朝から強い吹雪で、ゴンドラを終日運休にしていた。気象庁によると、占冠村は30日朝から北寄りの風が吹き、午後3時時点の風速は4.1メートルで、気温はマイナス0.2度、積雪は35センチだった。

トマムスキー場付近で雪崩が発生し、現場周辺へ向かう警察官ら=30日夜、北海道占冠村
トマムスキー場付近で雪崩が発生し、現場周辺へ向かう警察官ら=30日夜、北海道占冠村

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

北海道 時事通信ニュース 事故 フランス