NTTドコモ、5年ぶり減収減益=料金値下げ影響―19年4~12月期決算

経済・ビジネス

NTTドコモが30日発表した2019年4~12月期の連結決算(国際会計基準)は、昨年6月に割安な新料金プランを導入した影響などから、4~12月期として5年ぶりの減収減益となった。記者会見した吉沢和弘社長は「(20年3月期連結純利益5750億円を含む)年間の業績目標の達成に向けては順調だ」との見通しを示した。

4~12月期の売上高は前年同期比3.8%減の3兆5160億円、営業利益は12.7%減の7878億円。スマートフォンなどの通信料金を最大4割値下げした新プランの申し込みは今月中旬に1200万件を突破。端末購入費補助の上限などを定めた新ルールも響いて販売台数が減少した一方、光回線契約や金融・決済サービスは堅調だった。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 決算・業績予想 日本