三重・京都などの3人感染=武漢に滞在歴―新型肺炎

社会 暮らし

厚生労働省などは30日、三重県や京都府などで新たに3人の新型コロナウイルス感染が確認されたと発表した。いずれも中国・武漢市に滞在歴があった。

三重県によると、感染が確認されたのは同県在住の外国籍の50代男性で、昨年12月24日から武漢市に滞在し、今月13日に帰国していた。25日に発熱、27日に救急搬送されたが、肺炎の症状が見られず自宅療養していた。29日に再度受診して感染が判明。入院中だが快方に向かっているという。

京都府によると、感染が確認されたのは京都市在住の20代の中国人留学生女性で、16~22日に武漢市に滞在した。22日に日本へ戻った際に症状はなかったが、23日からせきなどの症状が出て、28日に搬送された。発症後は人と接触しないようにして自宅で過ごし、一度外出した際も二重にマスクをしていた。容体は安定しており、自宅で療養を続けている。

厚労省によると、中国・湖南省に住むツアーコンダクターの30代女性も、30日に感染が確認された。女性は19日に武漢市に滞在後、20日に来日し、26日までツアーを引率。24日から発熱とせきの症状が出て、東京都内の医療機関を複数回受診していた。発症後はマスクを着用していたという。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 健康・医療 暮らし 社会 中国 日本 東海 三重県