3社連合、5月に経営計画=首脳会議で合意―日産・ルノーなど

経済・ビジネス

日産自動車、フランス自動車大手ルノー、三菱自動車の3社連合は30日、横浜市の日産本社で首脳会議を開き、各社それぞれが5月をめどに新しい中期経営計画を公表することで合意した。会議後、取材に応じた日産の内田誠社長兼最高経営責任者(CEO)が明らかにした。

経営計画には、小型車や電気自動車(EV)など各分野ごとに最も競争力のある先導役の1社を選び、2社が協力する方針を盛り込む。地域別の主な担当企業についても、中国は日産、東南アジアは三菱自、欧州はルノーと明記するなど、役割分担を明確にする。

日産との資本関係の見直しについて、ルノーのジャンドミニク・スナール会長は会議後、記者団に「優先順位は連合の効率化を進めることだ。今やることではない」と指摘。また、EVなどが普及し自動車産業が大変革期を迎えていることを念頭に「連合は強固だが、危機感は共有している」と強調した。

3社連合の会議を終え報道陣の前で握手する日産・ルノー・三菱自の首脳陣ら=30日午後、横浜市西区3社連合の会議を終え報道陣の前で握手する日産・ルノー・三菱自の首脳陣ら=30日午後、横浜市西区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 提携・合併・買収 中国 フランス 日本 神奈川県 横浜市