日産、米国で追加リストラ=早期退職募集、2拠点閉鎖

経済・ビジネス

【ニューヨーク時事】日産自動車は30日、米国で追加リストラを実施する方針を明らかにした。52歳以上の従業員を対象に早期退職者を募るほか、営業拠点も2カ所閉鎖する。前会長カルロス・ゴーン被告が進めた拡大戦略の下でのコスト構造を見直し、不振が続く米国事業の再建を目指す。

今回のリストラは、昨年7月に発表した全世界で1万2500人超を削減する計画とは別に実施する。米国の従業員は現在約2万人だが、日産は削減目標を明らかにしていない。また、米国に8カ所ある営業拠点のうち、ワシントン州とコロラド州の事業所を閉鎖する。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 雇用・賃金・福利厚生 国際業務 企業構造改革 日本 米国