不正アクセス、文書2万件超に=NECへのサイバー攻撃

経済・ビジネス

NECは31日、防衛事業部門で利用している社内サーバーの一部で、2017年6月までに外部からの不正アクセスがあったと正式に発表した。防衛省への提案資料など2万7445件のファイルに不正アクセスが判明したが、「情報流出の被害は確認されていない」と説明している。

防衛関連の機密情報は、このサーバーでは管理していないという。

NECによると、16年12月以降のサイバー攻撃による初期侵入の検知に失敗し、17年6月になって社内パソコンからの不正通信を確認した。外部の不正通信先との暗号を解読した結果、18年7月に保存ファイルへの不正アクセスが判明した。

NECは「関係者の皆さまに深くおわびする。対策を強化し、再発防止に取り組む」としている。

河野太郎防衛相は31日の閣議後記者会見で「防衛省が指定した秘密の流出はないと報告を受けている」と述べた。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 経営一般 日本