中国ツアー中止相次ぐ=旅行業界、キャンセル料なしで返金対応―新型肺炎

経済・ビジネス

中国での新型肺炎流行を受け、中国行きパッケージツアーの中止が相次いでいる。旅行各社は、キャンセル料なしで代金を返金するなどの対応に追われる。感染拡大の勢いはとどまる気配がなく、世界中に広がる恐れも出ており、業界では中国以外の海外旅行への影響を懸念する声が上がっている。

湖北省を含まないツアーでも実施を見送る動きが出ている。北京の故宮博物院や万里の長城などの主要な観光施設が休止・閉鎖されたためだ。JTBやエイチ・アイ・エス(HIS)は、実施予定の中国全土(香港とマカオを除く)のツアーについて、旅行客が出発日直前にキャンセルを申し出ても、代金を全額返金する異例の対応を取ることを明らかにした。

湖北省武漢市へのツアーについて、JTBやクラブツーリズム、阪急交通社の3社は既に、外務省が感染症危険情報レベルを引き上げたことを受けてツアーを中止。JTBは、危険情報レベルが現状の「レベル3(渡航中止勧告)」から「レベル1」に引き下げられるまでツアー再開を見合わせることを決めた。

新型肺炎の感染拡大で、旅行各社は海外旅行が全て危険と思われてしまうことを警戒している。2002~03年に流行した重症急性呼吸器症候群(SARS)では「中国に限らず海外旅行全般を控える動きが見られた」(旅行大手)との指摘がある。実際、03年の日本人出国者数は前年比19.5%減と落ち込んだ。各社は、旅行客に過剰反応や風評被害が広がらないよう情報発信していく考えだ。

27日、中国・南京市内の駅で旅客をチェックする医療スタッフ(EPA時事)27日、中国・南京市内の駅で旅客をチェックする医療スタッフ(EPA時事)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース その他企業(事業継続BCP・リスク管理) 中国 日本