JDI、1000億円超調達=いちごアセットが筆頭株主に

経済・ビジネス

経営再建中の中小型液晶大手ジャパンディスプレイ(JDI)は31日、独立系投資顧問会社いちごアセットマネジメントから最大1008億円の金融支援を受けることで最終合意したと発表した。JDIをめぐる金融支援は二転三転の末、ようやく枠組みが固まった。ただ、事業環境は厳しく、経営再建への道のりは険しそうだ。

3月25日開催予定の臨時株主総会で承認を得た後、いちごは504億円で議決権付き優先株を引き受け、44%強の議決権を持つ筆頭株主となる。残りの504億円は4月以降にJDIと協議しながら資金需要に応じて支出する。いちごのスコット・キャロン社長はJDI会長に就任する。東京都内で記者会見したキャロン氏は「JDIは世界一の技術を持っており、再建を信じている」と強調した。

現在の筆頭株主である政府系ファンドのINCJ(旧産業革新機構)も既存の融資を1020億円分の優先株に切り替えるなどの金融支援を実施。3月末までにJDIは2019年9月末時点で1016億円に膨らんだ債務超過状態を解消する。

記者会見で握手するジャパンディスプレイの菊岡稔社長(左)といちごアセットマネジメントのスコット・キャロン社長=31日午後、東京都港区記者会見で握手するジャパンディスプレイの菊岡稔社長(左)といちごアセットマネジメントのスコット・キャロン社長=31日午後、東京都港区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 資金運用・調達・新規上場 経営一般 日本