「志望校」行き切符を配布=受験生に応援メッセージ―JR前橋駅

社会 暮らし

受験シーズンが佳境を迎える中、JR東日本前橋駅が1月7日から配布している「志望校」行きの切符が話題となっている。営業指導係の新井将平さん(38)ら駅若手職員の発案によるもので、受験生らが持ち帰った枚数は既に1000枚を超えた。発案者の一人で営業係の明石奈々さん(24)は「これを見て、元気に最後まで走り抜けてほしい」と受験生にエールを送っている。

配布している切符は正規のものではないが、デザイン、大きさは同じ。表面には、前橋発「志望校」行きの表示や「必勝祈願」「諦めない限り有効」の文字、語呂合わせで「ファイト」の意味を込めた「5110」の数字が印字されている。裏面には、「頑張って」「絶対合格」「応援してます」のいずれかのメッセージが入る。

新井さんによると、前橋駅でのこうした取り組みは初めて。利用者に高校生が多いことから、受験シーズンに「何か応援したいという気持ちで始めた」という。切符は駅構内に置いた箱の中に入っており、付近には駅員らからの応援の声を集めた掲示板や、メッセージを書き込めるホワイトボードも設置した。

1月上旬にインターネット交流サイト(SNS)で取り上げられた後、場所を聞かれたり、声を掛けられたりすることが増えた。新井さんは「うれしいですね。私たちの励みにもなる」と話している。切符の配布は2月下旬ごろまで続ける予定。

JR東日本前橋駅が受験生応援のため配布している「志望校」行きの切符=27日、前橋市の同駅JR東日本前橋駅が受験生応援のため配布している「志望校」行きの切符=27日、前橋市の同駅

「志望校」行きの切符配布を発案したJR東日本前橋駅の新井将平さん(左)と明石奈々さん=27日午後、前橋市の同駅「志望校」行きの切符配布を発案したJR東日本前橋駅の新井将平さん(左)と明石奈々さん=27日午後、前橋市の同駅

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 教育 暮らし 社会 運輸・交通 日本