秋元議員を追起訴=賄賂総額760万円に―IR汚職・東京地検

社会

カジノを含む統合型リゾート(IR)事業をめぐる汚職事件で、東京地検特捜部は3日、中国企業側から200万円の送金や約185万円相当の供与を受けたとして、衆院議員秋元司容疑者(48)=自民離党=を収賄罪で追起訴した。起訴済み分と合わせ、賄賂総額は約760万円になった。関係者によると、秋元容疑者は否認しているという。

特捜部が約10年ぶりに現職国会議員を逮捕した事件の捜査は大きな区切りを迎えた。

起訴状などによると、秋元容疑者は2017年9月1日、中国企業「500ドットコム」側から賄賂として、自身が管理する口座に「講演料」名目で200万円の送金を受けたほか、同12月27~29日、中国・マカオのカジノ施設視察旅行の航空運賃や宿泊費など約185万円相当を同社側に負担させたとされる。

特捜部は、視察先のカジノで使ったチップ代を賄賂と認定。マカオで同社側から受領したブランド品も追起訴の内容に含めたもようで、公設秘書だった豊嶋晃弘・元政策秘書(41)も在宅のまま追起訴した。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 事件・犯罪 社会 日本