神父を書類送検=信徒に強制わいせつ容疑―長崎県警

社会

カトリック信徒の女性が性的被害を訴えている問題で、長崎県警は3日、強制わいせつ容疑で、長崎大司教区の神父(44)を書類送検した。複数の関係者への取材で分かった。

送検容疑は2018年5月、自身が司祭を務める県内の教会で、女性に抱き付いたり、体を無理やり触ったりするなど、わいせつな行為をした疑い。

大司教区は同年8月、神父を聖職停止としたが、信徒には処分を公表せず、捜査中であることを理由に、バチカン(教皇庁)にも報告しなかった。カトリック中央協議会によると、聖職停止処分をした場合、直ちにバチカンに報告する必要があり、関係者は「事実上の隠蔽(いんぺい)行為だ」と批判している。

関係者によると、神父は当時、酒に酔っていたという。女性は心的外傷後ストレス障害(PTSD)と診断された。仕事を続けられなくなり、長期の入院も余儀なくされた。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 事件・犯罪 社会 日本 九州 長崎県