クルーズ船、着岸させず「再検疫」=乗客感染、横浜港沖に停泊―新型肺炎・厚労省

社会 暮らし 政治・外交

クルーズ船で日本から帰国した香港の80代男性が新型コロナウイルスに感染していた問題で、同船が3日夜、横浜港沖に到着した。船内には体調不良の乗客がいるとみられ、厚生労働省は乗客全員に対し体温測定などの「再検疫」を始めた。

横浜市などによると、クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」は3日午後7時半ごろ、同市の大黒ふ頭沖に到着した。

厚労省は男性の感染が発覚したため、1日の那覇への入港時に行われた検疫を取り消した。その上で横浜港沖に停泊させ、改めて検疫を実施することにした。

同省によると、対象者は乗客乗員の計約3500人。検疫の結果、症状のある人は検査でウイルスの有無を確認する。症状のない人は検査せず、陽性だった人の近くに長時間いるなど「濃厚接触者」は下船後の体調を把握する。全員の検査結果が判明するまで、船から降ろさない方針という。

クルーズ船の運航会社の日本法人などによると、男性は1月20日に横浜から乗船。25日に香港で下船して病院で検査したところ、2月1日に感染が確認されたという。船は男性を降ろした後、那覇を経由して横浜に向かっていた。

同船は1月22日に鹿児島に寄港しており、厚労省などは男性が下船したかどうか確認を進めている。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 健康・医療 暮らし 社会 (社会)保健衛生医療・社会保障行政 日本