日本国際賞に米欧2氏=古代人類のゲノム解析など

科学 社会 技術

国際科学技術財団は4日、2020年の日本国際賞を、ネアンデルタール人の全遺伝情報(ゲノム)解読で古人類学に貢献した独マックス・プランク進化人類学研究所のスバンテ・ペーボ教授(64)と、次世代通信規格「5G」を支える「誤り訂正」技術を開発した米マサチューセッツ工科大のロバート・ギャラガー名誉教授(88)に授与すると発表した。

授賞式は4月15日に東京都内で開かれ、それぞれ賞金5000万円が贈られる。

スウェーデン人のペーボ教授は、発掘された骨などの形態から研究を進めてきた古人類学にDNA解析の手法を取り入れ、ネアンデルタール人と現生人類の祖先との間に交雑があったことなどを明らかにした。ペーボ教授は16年の慶応医学賞を受賞している。

ギャラガー名誉教授はデジタルデータの転送時に生じるエラーを検出、訂正する「LDPC符号」を1960年代に提案。当時は実用化できなかったが、近年のコンピューターの高性能化に伴って見直され、5G通信やデジタルテレビ放送などに採用された。

2020年の日本国際賞受賞が決まったスバンテ・ペーボ氏(右)とロバート・ギャラガー氏=4日午後、東京都千代田区2020年の日本国際賞受賞が決まったスバンテ・ペーボ氏(右)とロバート・ギャラガー氏=4日午後、東京都千代田区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 科学技術(理系的) 科学 技術 社会 ドイツ 日本 スウェーデン 米国