5大銀、4社が減益=低金利が収益圧迫―19年4~12月期

経済・ビジネス

三菱UFJフィナンシャル・グループなど大手銀行5グループの2019年4~12月期連結決算が4日、出そろった。連結純利益の合計額は前年同期比15.3%減の1兆8592億円。33.0%減の三菱UFJを含む4グループが減益だった。長引く低金利が収益を一段と圧迫している。

金利低下に伴って国内貸し出しの利ざやが縮小し、資金利益は全グループで減益。ただ、本業のもうけを示す実質業務純益(傘下行合算または単体)は国債売却益で三井住友フィナンシャルグループなど3グループが増益を確保し、合計は6.4%増の1兆5551億円となった。

貸倒引当金など与信関係損益は、中小企業の業況不振を背景に全グループで悪化。三菱UFJを除く4グループが前年同期から一転して費用を計上した。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 決算・業績予想 日本