タクシー配車アプリ、4月統合=市場開拓へ日本交通とDeNA

経済・ビジネス

タクシー大手の日本交通ホールディングス(HD、東京)とディー・エヌ・エー(DeNA)は4日、両社の配車アプリ事業を4月1日付で統合すると発表した。DeNAで対応する約3万台と合わせ、配車可能なタクシーは全国10万台に拡大。事業統合によりコスト競争力と利便性を高め、アプリ配車市場の開拓を急ぐ。

DeNAの配車アプリ事業「MOV(モブ)」を分割した上で、日交HD子会社で配車アプリ最大手のJapanTaxi(ジャパンタクシー)が吸収する。DeNAは統合後、ジャパンタクシーが新たに発行する株式を取得。出資比率は38.17%と日交HDと並ぶ筆頭株主としてグループ連携を強化。社名を一新し、アプリも統合する方向で検討する。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 提携・合併・買収 日本