ミクロネシア、日本から直接入国禁止=新型肺炎で「非常事態宣言」

政治・外交 暮らし

【シドニー時事】太平洋の島国ミクロネシア連邦は5日までに、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、感染者が確認された日本からの直接入国を禁止した。

ミクロネシアは1月末、新型ウイルスから国民の安全を守るため「非常事態」を宣言し、中国本土や感染国への渡航を禁止した。さらに中国本土からの入国を禁止したほか、それ以外の感染国・地域からも、感染者が確認されていない国・地域で最低14日間を過ごさなければ入国できないと定めた。

在ミクロネシア日本大使館によれば、ミクロネシア政府は感染者が確認された日本に対して、3日から直接入国を禁止する措置を開始。日本からミクロネシアに渡航するには、非感染地域の米領グアムなどで14日間滞在する必要があるという。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 外交 (社会)保健衛生医療・社会保障行政 暮らし 中国 日本