道路脇で崖崩れ、女性死亡=通行中、下敷きに―神奈川・逗子

社会 暮らし

5日午前8時ごろ、神奈川県逗子市池子で市道脇の斜面が崩れ、歩道を通行中だった女性(18)が土砂に巻き込まれた。女性は意識不明の状態で救出されたが、搬送先の病院で死亡が確認された。県警逗子署や消防によると、他に巻き込まれた人はなかった。

同署や市都市整備課などによると、崩れたのは5階建てマンションの下にある高さ約20メートル、幅約30メートルの崖。約20立方メートルの土砂が流れ出し、女性はガードレールのある歩道を通行していた際に巻き込まれたとみられる。

崖の下の部分は補強されているが、むき出しになっている上部が崩落したといい、同署などが当時の状況を調べている。

現場は京急神武寺駅から東に約300メートルの住宅街。県が土砂災害警戒区域に指定している。

崖崩れ現場で救出作業をする警察官や消防隊員ら=5日午前、神奈川県逗子市池子崖崩れ現場で救出作業をする警察官や消防隊員ら=5日午前、神奈川県逗子市池子

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 事故 社会 災害 暮らし 日本 神奈川県