海外流出、罰金最大1000万円=和牛受精卵保護―農水省

政治・外交

農林水産省は5日、和牛の遺伝資源(受精卵や精液)を不正に転売したり、海外に持ち出したりする行為に対し、最大で1000万円の罰金または10年以下の懲役を科す方針を示した。海外で人気が高まる和牛の遺伝資源の流出を防ぐ狙い。

法人の場合は最大3億円の罰金。今国会に提出予定の関連新法案に盛り込む。

新法案では和牛の遺伝的特徴について、長年にわたる生産者の改良の成果であり、知的財産に相当すると位置付ける。その上で、詐欺による取得や横流しを差し止めたり、損害賠償を請求したりできるようにする。悪質な場合に罰金などを科す。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 農林水産政策 日本