クルーズ船の10人集団感染=3700人、2週間船内待機―新型肺炎

社会 暮らし 政治・外交

新型コロナウイルスに感染していた香港の男性が乗っていたクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」について、厚生労働省は5日、日本人3人を含む10人の新型ウイルス感染が確認されたと発表した。国内で集団感染が確認されたのは初めて。国内の感染者は計35人となった。

集団感染の確認を受け、同省は船内に残る乗客乗員計約3700人について、原則として19日までの14日間、船内に待機してもらう方針を示した。

同省は、発熱などの症状がある120人とその濃厚接触者153人の、計273人分の検体を採取して検査。結果が判明した31人分のうち、乗客9人、乗員1人分から陽性反応が出た。検査が進めば、感染者数がさらに増える可能性がある。

陽性の10人の中には体温が39度台の人もいるが、いずれも意識はあり、神奈川県内の複数の感染症指定医療機関に搬送された。

厚労省と船の運航会社によると、陽性となった日本人3人は50代女性と60代の男女で、外国人は50~80代の男性4人、女性3人。外国人乗客の国籍はオーストラリア2人、中国3人、米国1人で、乗員1人はフィリピン人だった。

横浜市によると、同船は6日朝に大黒ふ頭へ着岸し、船内に留め置かれた人に食料・物資を補給する。

同船は3日午後7時半ごろ、大黒ふ頭沖に到着。1日の那覇入港時に検疫が行われていたが、その後、香港男性の感染が判明したため、同省は検疫を取り消した上で、3~5日に横浜港沖で再検疫を行った。

クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」から海上保安庁の巡視艇で搬送される乗客とみられる人たち。白い布をかぶっている(右から2人目と左端奥)=5日午前、横浜市クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」から海上保安庁の巡視艇で搬送される乗客とみられる人たち。白い布をかぶっている(右から2人目と左端奥)=5日午前、横浜市

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 健康・医療 暮らし 社会 (社会)保健衛生医療・社会保障行政 日本 神奈川県 横浜市