帰国第4便、6日夜出発=太平洋3カ国、日本からの入国制限―新型肺炎

政治・外交

政府は6日、新型コロナウイルスによる肺炎への対応で、中国湖北省に残っている邦人や外国籍家族の退避に向けて、第4便となるチャーター機を同日午後8時に羽田空港から派遣すると発表した。7日午前に戻る。

一方、菅義偉官房長官は6日の記者会見で、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、ミクロネシア連邦、ニウエ、ツバルの3カ国が日本からの入国を制限する措置を取ったことを明らかにした。菅氏は「感染症に対し極めて脆弱(ぜいじゃく)な太平洋島しょ国の立場を尊重しつつも、日本の万全な取り組み状況について丁寧に説明していきたい」と述べた。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 政府・内閣 外交 中国 日本