「走るスーツケース」開発=AI搭載、視覚障害者向け―日本IBMなど

経済・ビジネス 科学 技術

日本アイ・ビー・エム(IBM)など5社は6日、視覚障害者向けに、人工知能(AI)やカメラ、センサーなどを搭載した自走するスーツケースの開発を目指すと発表した。屋内利用を前提とし、目的地まで案内したり障害物を認識して回避したりするという。商品化の時期は未定。

視覚障害を持つ浅川智恵子米カーネギーメロン大学客員教授を発起人にコンソーシアム(企業連合)を設立。企業連合には日本IBMのほか、清水建設、オムロン、アルプスアルパイン、三菱自動車工業が参加した。

各社が持つ測位技術や画像認識技術、音声対話システムなどを組み合わせる。ナビゲーション機能のほか、カメラ映像から知人の顔を認識して知らせるといった機能も検討する。

国内商業施設で6月に実証実験を開始。3年計画で課題を検証するとともに、装置の小型・軽量化にも取り組む。技術が確立されれば、ショッピングカートや車いすなどにも応用できると見込んでいる。

人工知能(AI)を搭載し、視覚障害者を誘導する機能を持つスーツケースの開発に取り組む米カーネギーメロン大学の浅川智恵子客員教授=6日、東京都江東区人工知能(AI)を搭載し、視覚障害者を誘導する機能を持つスーツケースの開発に取り組む米カーネギーメロン大学の浅川智恵子客員教授=6日、東京都江東区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 開発 科学 技術 日本