沢尻エリカ被告に有罪=「動機は安直」―合成麻薬所持・東京地裁

社会 文化

東京都目黒区の自宅で合成麻薬を所持したとして、麻薬取締法違反罪に問われた女優の沢尻エリカ被告(33)の判決が6日、東京地裁であった。滝岡俊文裁判官は「発覚しなければよいという安直な動機で、非難に値する」と述べ、懲役1年6月、執行猶予3年(求刑懲役1年6月)を言い渡した。沢尻被告側は起訴内容を認めていた。

滝岡裁判官は、被告は周囲から注意されていたのに、規制薬物を入手できる知人との付き合いを重ね、LSDは知人女性から、その他の薬物は知人男性から入手したと指摘。「規制薬物の社会的害悪を顧みなかった」と批判する一方、保釈中に入院治療を受けたことなどを考慮し、刑の執行を猶予した。

沢尻被告は被告人質問で、入院の際に軽度の大麻依存症と診断されたと明かし、「気付けば薬物に制されていた。薬物がつなげた偽りの友情にとらわれた」と述懐。今後の活動については「女優への復帰は考えていません。多くの方を傷つけた代償は大き過ぎ、資格はないと思っている」と語っていた。

判決によると、沢尻被告は昨年11月16日、自宅でカプセルに入った合成麻薬MDMAの粉末約0.198グラム、LSDを含んだ紙片約0.084グラムと液体約0.601グラムを所持した。

判決後、沢尻被告は「私の身勝手な行動で多くの人を裏切り、傷つけてしまい、心から深くおわび申し上げます。更生に向けて努力することが唯一の償いと考えております」などとするコメントを出した。

沢尻エリカ被告沢尻エリカ被告

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 芸能 文化 社会 裁判 日本 東京都