スバル、トヨタ出資が20%に=実質グループ入り

経済・ビジネス

SUBARU(スバル)は6日、同社への出資比率をトヨタ自動車が16.8%から20.0%に引き上げたと発表した。これにより、スバルはトヨタの持ち分法適用会社となり、実質的にトヨタグループに入った。スバルは自動運転や電動化など、出遅れが指摘される次世代技術の研究開発を加速させる。

スバルの損益は今後、トヨタの連結決算に反映されることになる。両社は昨年9月、トヨタによる追加出資に合意していた。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 経営一般 提携・合併・買収 日本