神戸鋼、パスコにもサイバー攻撃=機密流出なし―防衛省発表

政治・外交

防衛関連企業への相次ぐサイバー攻撃に関し、防衛省は6日、同省と取引がある神戸製鋼所と航空測量会社パスコ(東京都)の2社も過去に社内ネットワーク端末に外部から不正アクセスがあったと発表した。いずれも防衛省が指定する秘密の流出はなかったという。

神戸製鋼は潜水艦に搭載する魚雷などの水中発射管を納入。同社などによると、2016年8月と17年6月に計250件の不正アクセスがあり、うち231件が防衛省関連の情報に対してだった。

衛星写真を提供するパスコは18年5月に不正アクセスを受けたが、「個人情報や取引先情報の流出はなかった」と説明している。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 安保・防衛(政治面) 行政一般(政治欄向け) 日本