貿易交渉、早期開始で一致=日英外相、安保協力も協議

政治・外交 経済・ビジネス

茂木敏充外相は8日午前、英国のラーブ外相と東京都内で戦略対話を行った。両氏は日英間の新たな貿易協定締結交渉の早期開始と妥結を目指すことで一致した。日英外相会談は英国の欧州連合(EU)離脱後、初めて。

会談で、茂木氏は「EU離脱後の両国間の経済的パートナーシップの迅速な構築に向けて、できる限り早期に交渉を立ち上げたい」と呼び掛けた。

ラーブ氏は会談後の共同記者発表で「日英の新たな貿易投資関係を形成するチャンスが到来した」と強調。「日本企業の対英投資を大事に思っている」とも述べ、日系企業へのEU離脱の影響がないよう対応する考えを示した。

両氏は日英の外務・防衛担当閣僚協議(2プラス2)の早期開催に向けた調整を進めることも確認した。

会談後に発表された共同声明は、経済的パートナーシップについて「日EU・経済連携協定(EPA)と同様に野心的で、高い水準で互恵的なものとするために速やかに取り組む」と明記した。

戦略対話に臨む茂木敏充外相(右手前から2人目)と英国のラーブ外相(左手前から3人目)=8日午前、東京都港区の外務省飯倉公館戦略対話に臨む茂木敏充外相(右手前から2人目)と英国のラーブ外相(左手前から3人目)=8日午前、東京都港区の外務省飯倉公館

共同記者発表を終え、握手する茂木敏充外相(右)と英国のラーブ外相=8日午後、東京都港区の外務省飯倉公館共同記者発表を終え、握手する茂木敏充外相(右)と英国のラーブ外相=8日午後、東京都港区の外務省飯倉公館

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 外交 通商・貿易・対外投資 EU 日本