高裁も第三のビールと認めず=サッポロ「極ゼロ」酒税訴訟

社会

サッポロビールが第三のビールとして発売した「極ZERO(ゴクゼロ)」に関し、納付した酒税約115億円の返還を求めた訴訟で、東京高裁(八木一洋裁判長)は12日、同社の訴えを棄却した。サッポロは今後の対応を「判決内容を精査して決定する」とコメントした。

同社は2013年、酒税が割安な第三のビールとして極ゼロを発売。しかし、国税当局から「第三のビールに当たらない可能性がある」と指摘され、14年に製法を見直して税率の高い発泡酒として再発売した。

サッポロは第三のビールに当たらない場合に課される酒税約115億円を自主納付したが、その後の社内調査で第三のビールに当たると判断。返還を求めるも受け入れられず、17年に東京地裁に提訴したが、棄却された。

判決を受け、国税庁は「主張が認められ、妥当な判決と考える」とのコメントを発表した。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 裁判 社会 日本